'; $marquee='
'; $start_tag='
'; $end_tag='
'; $small='
'; $right='
'; $footer='
'; } else { $wrapper_tag='
'; $marquee='
'; $start_tag='

'; $end_tag='

'; $mlist_start_tag='

'; $mlist_end_tag='

'; $line='
'; $area_navi='
'; $area_navi_end='
'; $small='
'; $small_s='
'; $right='
'; $footer=' $small

貯蓄するには、簡単
収入 > 支出
であればよいのです。

これが成り立つには、収入を増やすか、支出を減らさなくてはなりません。
かといってこの不況のご時世、給料が上がりにくいのですから、収入を増やすというのは大変なことです。それゆえ、このサイトではどうやって「支出を減らすか」ということについて考えたいと思います。

このサイトで取り上げるのは以下の方法です。

  1. 自動積み立て預金利用する
  2. 引き出せないように定期預金で貯蓄する
  3. 銀行口座を振り分け貯蓄する
  4. お金をかけないことを趣味にしてしまう・趣味を見直す

他にも小さなことですがこんなのもあるので参考にしてください。

封筒を使って貯蓄

給料をもらったら全額下ろす。そして、家賃・貯蓄費・食費・食費以外・通信代の生活費・娯楽費など、何にどれだけ使うか金額を決めて、それぞれ別の封筒に入れます。(封筒はATMに行けばたくさんあるのでタダで手に入れましょう)。自動的に引き落とされる通信費などは再び口座に戻します。

上記のように別々に管理すると「生活費を少し切り詰めよう!」とか節約の意識も出てくることが多いです。家計簿ほど細かくはないですが、家計の管理もできるようになるでしょう。

銀行のカードを作らず、窓口で下ろす金額を5千円や1万円など一定額に決める

『余計な支出をしない習慣を身に付けて、お金をためる』という、考えから思いついた方法となります。メインバンクの口座の「キャッシュカードは作らず」、お金を下ろすときは窓口で行ないます。また引き出し額を5千円や1万円に設定しておき、必要以上にお金を持ち歩かないようにします。これを続ければ、大きな買い物もすることがなくなり、窓口で下ろさなければならない面倒くささが支出を抑えてくれます。

$start_tag 様々な貯金方法 $end_tag $small
$start_tag コツコツ貯金ブログ $end_tag $small 2012年07月02日
貯金は大変!

2012年03月14日
カードの落とし穴

$start_tag オススメリンク $end_tag $small $mseolink
$footer $analytics_tag Copyright. 超!貯蓄術 All rights Reserved.
EOD; echo $mbhtml; }else{ //echo "PCです"; $ua = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']; if (!(ereg("Windows",$ua) && ereg("MSIE",$ua)) || ereg("MSIE 7",$ua)) { print '' . "\n"; } $pchtml=<< 超!貯蓄術
超!貯蓄術

簡単に実施できる貯蓄術を紹介

貯蓄するには、簡単 収入 > 支出 であればよいのです。

これが成り立つには、収入を増やすか、支出を減らさなくてはなりません。
かといってこの不況のご時世、給料が上がりにくいのですから、収入を増やすというのは大変なことです。それゆえ、このサイトではどうやって「支出を減らすか」ということについて考えたいと思います。

このサイトで取り上げるのは以下の方法です。

  1. 自動積み立て預金利用する
  2. 引き出せないように定期預金で貯蓄する
  3. 銀行口座を振り分け貯蓄する
  4. お金をかけないことを趣味にしてしまう・趣味を見直す

他にも小さなことですがこんなのもあるので参考にしてください。

封筒を使って貯蓄

給料をもらったら全額下ろす。そして、家賃・貯蓄費・食費・食費以外・通信代の生活費・娯楽費など、何にどれだけ使うか金額を決めて、それぞれ別の封筒に入れます。(封筒はATMに行けばたくさんあるのでタダで手に入れましょう)。自動的に引き落とされる通信費などは再び口座に戻します。

上記のように別々に管理すると「生活費を少し切り詰めよう!」とか節約の意識も出てくることが多いです。家計簿ほど細かくはないですが、家計の管理もできるようになるでしょう。

銀行のカードを作らず、窓口で下ろす金額を5千円や1万円など一定額に決める

『余計な支出をしない習慣を身に付けて、お金をためる』という、考えから思いついた方法となります。メインバンクの口座の「キャッシュカードは作らず」、お金を下ろすときは窓口で行ないます。また引き出し額を5千円や1万円に設定しておき、必要以上にお金を持ち歩かないようにします。これを続ければ、大きな買い物もすることがなくなり、窓口で下ろさなければならない面倒くささが支出を抑えてくれます。

コツコツ貯金ブログ

2012年07月02日
貯金は大変!
2012年03月14日
カードの落とし穴

オススメサイト

$seolink
EOD; echo $pchtml; } ?>