引き出せないように定期預金で貯蓄する

定期預金とは、あらかじめ定められた預金期間満了まで、原則として払戻できない預金を指します。単利と複利があります。満期日に解約などの手続きをしないと自動継続扱いになる取り扱い銀行が多くなっています。銀行側側としては、要求払預金(普通預金や当座預金など)に比べて安定的な資金源となりえるため金利が高めに設定されています。

取り扱い銀行はたくさんありますが、ネット銀行の定期預金はとても人気があります。わざわざ、込んでいる窓口に行く必要もなく、家に居ながら取引ができます。
しかし、一番の理由は普通の銀行定期よりも金利が高いことです。

大手銀行の定期預金に比べ、ネット銀行の定期なら2倍くらいの金利が付く場合もあります。キャンペーン中であれば、さらに好条件での取引も可能になる場合もあります。

なぜそんな好条件が出せるかというと、普通の銀行のように店舗を持たないので、維持費用や人件費がかからないからです。その分を金利に上乗せできるためです。

各会社の金利を表にして比較してみました。

銀行名/金利(%) 6ヶ月 1年 3年 5年
オリックス信託銀行 0.3 0.7 1 1.2
ジャパンネット銀行 0.32 0.36 0.29 0.41
ソニー銀行 0.317 0.347 0.348 0.478
新生銀行 0.07 0.09 0.12 0.2
みずほ銀行 0.06 0.07 0.1 0.18
りそな銀行 0.06 0.07 0.12 0.2
ゆうちょ銀行 0.06 0.07 0.12 0.2
三菱東京UFJ銀行 0.05 0.06 0.12 0.2
三井住友銀行 0.05 0.06 0.1 0.16
住信SBIネット銀行 0.337 0.83 0.9 1
イーバンク銀行 0.24 0.38 0.32 0.42
セブン銀行 0.15 0.2 0.25 0.4

コツコツ貯金ブログ

2012年07月02日
貯金は大変!
2012年03月14日
カードの落とし穴

オススメサイト

$seolink